[2020年2月22日]目からウロコの着れちゃう着物講座1day〜デイリー着物から入る和文化

投稿日: 開催日: 2020/02/22

2019年春から始まった祥子先生の着れちゃう着物教室 第1期と第2期が好評終了し、16名の着物美人が誕生しました!第3期は3月〜6月開催予定で、お申し込み受付中です。http://tukiyomi.in/2020/01/[2020-3〜2020-6月]3ヶ月で一生着れちゃう着物教室〜デ/

第3期のお試しも兼ねて、「1day着物講座」を開催します。

浴衣や着物を自分で着たことがない方、そもそも持っていない方、頂き物の着物があるけど、ずっと置きっぱなしの方、着付け教室に通ったし道具も揃っているのに全然着ていなくて忘れかけてる方・・・・日本女性ならいつかは着てみたい、と思うなら「今でしょ〜」!!是非一緒に着ましょう!!

私も2019年に着れちゃう着物教室を主催させていただいたおかげで、「今日は美術館行くから着物着ようかな〜?」という気分になったらすぐに気楽に着れるようになりました。

奥平祥子先生はいつも着物!!
お仕事でホテルオークラの花を生けていらっしゃる時も着物だそうです。
普段は襦袢なしで下にヒートテックだったり、半幅帯を江戸時代のように簡単に結んだり、とにかく仕事や家事で楽に動けて、自分ですぐに直せる着方だそうです。それが粋なんです!!

祥子先生と話していると、目からウロコ。これでいいの?
冠婚葬祭用の着方とデイリーの着方は違うそうで、数年に一度の冠婚葬祭のためじゃなくて、日々気軽に着るには手抜きでいいんですって。

一緒に週1着物を目指しませんか?(オリンピックまでに〜^^)

着物を着ることで、日本文化を体感できるって素晴らしいです!
そして、たおやかな着物美人の笑顔は人を癒します〜和顔施ですね!

祥子先生は華道や着物だけではなく、企業でバリバリ働いていらしただけに、お話がものすごく面白い!
日本文化や歴史、東洋思想やアートにも精通していらっしゃいます。
その上、可愛い!!^^
この講座は着物の簡単着付け……というようなレベルではありません〜。
着物を入り口にして、日本人の女性としての生き方、働き方、文化、芸術〜〜人生全てがワンランクアップできることと思います!

2月22日(土)14:00〜17:00
会費:¥5500(税込)事前振込となります
お茶&お菓子付き

(終了後、リサイクル着物の交換販売会(¥1000均一)もしますので、サイズが合わない着物や使わない小物などがある方は、是非お持ちください。)

お申し込みはメールで info@tukiyomi.in

お申し込みを頂いた方には参加費の振込先をお知らせしますので
お振込確認次第、お席を確保します。

※ 今回はご紹介講座ですので、着物は先生のデモンストレーションのみでお話が中心です。
※ すでに着物を自分で自信を持って着れる方でしたら、この1回のみで祥子先生流手抜きや着崩しやセンスをご自身の着物ライフに取り入れられます。着物文化について、歴史について、知識と知恵等得ることは多いです。
※ 全く着られない方や私レベルの方は、今回はとりあえず今後の講座の導入と考えて頂ければと思います。祥子先生のセンスやお人柄を知り、着物文化を学ぶきっかけとしてください。
この1回では着れるようにはなりません。(ある程度基礎ができないと、手抜きも着崩しもかっこよくはなりません。)
3月から4回シリーズの着物教室を開催しますので、そちらも是非ご参加ください〜(着物や帯などはお貸しできます。)

【講師】奥平祥子
石草流(せきそうりゅう) いけ花 http://sekiso-ikebana/tokyo 
家元後継
ホテルオークラを飾るために立ち上げられた石草流いけばなでは、国内外のお客様やVIPをおもてなしする精神とかたちを学び、家元である母の助手と新人の育成にあたる。
慶応義塾大学総合政策学部卒。NECでの新聞製作デジタル化の基礎設計、博報堂生活総合研究所でのフリープランナーを経て、LVMHグループでハイエンド・マーケティングの戦略立案に関わる。幼少より慣れ親しんだいけばなの道に進み、ホテルオークラ東京、アマン東京、サニーヒルズ東京などの館内装花を担当。日本農業経営大学校で非常勤講師を勤め、食と農と文化を軸に生活者の心理と需要を探るため多面的多層的なマーケティングと営業支援を教授。
和洋混合のスタイルとリズムになった現代の生活やビジネスに、自然やアートでいかに潤いと彩りを取り入れられるかを研究・提案。分野を横断連携して、日本文化の継承と次世代への訴求を図る活動・ネットワーク形成に努めている。
京都在住。

一覧に戻る